その土地に眠る

  のと色をもとめて

「手染めや椿姫」は石川県の奥能登で活動している、天然染料を中心に使用し染物のファッション小物を製作・販売するブランドです。 能登で採れる植物や地域のお店で出る不要物で作品を作ることにより、自然の持つ色の美しさをみせながら、能登の自然の素晴らしさや、過疎化に伴って出てくる問題や環境のことを、そんなことを染め物を通して「やんわり」と伝える事を目指しています。

手染めや椿姫

Natural dye atelier Tsubakihime

能登に眠る「のと色」を求めて、能登の里山里海を散策しては新しい発見を探しています。能登の山には沢山の染料の元となる草木が眠っています。また草木だけではなく、能登の海の生物から染料を探すこともあります。能登の土地で染料を探す過程で、この土地の環境の素晴らしさに改めて驚かされます。手染や椿姫では、先人が残した里山里海というサステナビリティ(持続可能)な環境を考えながら、これからも染物を造り続けていきます。

手染や椿姫のFBページにてイベント等の情報を公開しています

Copyright © 2015 Tezomeya Tsubakihime Inc. All rights reserved.

 

葛の採取

やっかいな葛の葉も、素晴らしい染料に生まれ変わります